スタッフブログ

富山の春の風物イベント「全国ちんどんコンクール」

2013年04月06日

富山の春も日に日に深まり、来週にかけてが「桜」も満開、春の旬の食材「白えび」も解禁となり、目でも食でも春満喫の今日この頃です。

さて、富山の春といえば忘れていけない大きなイベントがあります。それは「全国ちんどんコンクール」その歴史は古く、コンクールの始まりは50数年前にさかのぼります。
昭和20年の富山大空襲により、市街地は壊滅状態となりました。

その後、廃墟からいち早く立ち上がり、市の復興がほぼ完成した昭和30年、富山市に明るさと平和感を与えようと、富山商工会議所や富山市の発案で「全国チンドン・コンクール」というユニークなイベントが誕生しました。

このイベントは、全国のプロのチンドンマンがその技と アイデアを競う全国唯一のコンクールとして話題を呼んでいます。全国に鳴り響く『チンドン』の音色。
人と人のふれあいの街角に、郷愁のメロディと笑いの渦が巻き起こります。

ちょうど桜の満開の時期に重なり、今年はより盛り上がることでしょう・・・

今では、なかなかお目にかかることの出来ない「ちんどんマン」、是非ご覧に富山にお越しください。

008.jpg

本日、白えび漁が解禁

2013年04月01日

富山湾の春を告げる「白えび」、本日4月1日に解禁!!  

昨年度は不漁が続き、皆様にはたいへんご迷惑をお掛けいたしました。 今年は豊漁を祈りながら「白えびのおぼろ昆布じめ」加工の準備を始めているところです。今年こそは何とかより多くのお客様に「富山湾の宝石」と称される「白えび」をご堪能いただきたいと思っております。

解禁直後は、加工期間が必要なため、まだすぐに「昆布じめ」として販売することが出来ませんが、商品の準備が整いましたらすぐにご案内させていただきますので、もう少々お待ちください。

以上、ご案内申し上げます。

    201204161355.jpg  

 

top