スタッフブログ

緊急 「ひらめ昆布じめ刺し身」の安全性についてのご報告

2017年07月01日

日頃より当社ならびに当社製品をご愛顧いただきありがとうございます。

 

さて、2017年6月30日(金)、富山県砺波市の飲食店にて、「ひらめの刺し身」での食中毒事故が発生しました。その内容については報道機関各社より発表となり、お客様ににおきましては大きくご心配をお持ちになられている状況かと思います。

 

そこで当社でも「ひらめ」を使用しています「ひらめ昆布じめ刺し身」についての安全性についてのご報告をさせていただきます。

 

昨日の「ひらめ」の食中毒の原因として、寄生虫「クアド・セプテンプンクタータ」の検出によるものと富山県からの発表がありました。この寄生虫についてはひらめにつく寄生虫で、肉眼では確認できないものであります。また同時にこの「クアド」に対する防御策として、氷点下1520℃で4時間以上の冷凍処理、又は、75℃以上で5分以上加熱にて死滅させる必要があるとの発表も同時にございました。

当社「昆布じめ刺し身」につきましては、使用魚種全般を、氷点下冷凍処理として、氷点下30℃以下状態での4時間以上の処理を行った上での加工としております。そこで、寄生虫殺菌の適正な処理を実施しておりますのでご安心してお召し上がりいただけること、販売いただけることをご報告させていただきます。

 

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

top