スタッフブログ

\\松岡修造のくいしん坊!万才//かねみつへようこそ//

2017年06月29日

スタッフ日記、〆子より初投稿!!

みなさん聞いてください!あの熱血松岡修造さんが

「くいしんぼう万才」の収録に「かねみつ」へお越し下さいました!!

収録前の修造さんはとても物静かで、いつでもどこでも熱血というわけではなかったです^^;

そして、収録中にほたるいかの昆布じめをお出ししたのですが、

次にまわるところで、ほたるいかが出されるのでと丁重にお箸をつけられず、

初めて食べる感想を率直にお答えするためなのだと思うと、番組のことを真剣に取り組んでおられる真面目な方だと感じました。

収録中に、お出しした弊社自慢の昆布じめレシピ「カジキマグロの昆布じめ丼」を

ご賞味頂いたところ、大変お気に召していただき、収録後にお代わりをされました♪♪

かねみつスタッフ一同万歳!!でした^^//

どうぞ皆様も、「かねみつの昆布じめ」をご堪能くださいませ。

matuoka5.jpg

◇松岡修造のくいしん坊!万才 ホームページ◇

↓↓↓

http://www.fujitv.co.jp/kuishinbo/

 

◇カジキマグロの昆布じめ丼 レシピ◇

↓↓↓ 

https://www.kikkoman.co.jp/35408/index.html

 

◇かねみつ昆布じめ刺し身 真かじき商品◇

↓↓↓

http://kobujime.shop-pro.jp/?pid=37640586

 

初めまして、昆布〆子と申します!(*^ ^*)/

2017年04月24日

この度、かねみつホームページ担当になりました昆布〆子と申します。

これから商品のこと地元のことなどなど、アップしていきます♪♪♪

みなさまの暮らしに少しでもプラスになれたらと思っております。

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

昆布焼き最高!!!

2015年01月17日

富山はまたまた雪が降り始めております。  かねみつブログ、たいへんご無沙汰しておりまして申し訳ありませんでした。年も明け、今年からはこのブログを通じて、ざっくばらんに時にはためになる情報を加え、つぶやいて参りたいと思います。 より多くの方にご覧いただけることを祈っています。

   さて、今年最初の話題は、昨年末より社内で盛り上がっていた「昆布じめ」のアレンジメニューをご紹介いたします

その名も「昆布焼き(こぶやき)」・・・ 

  富山でも料理屋さんではメニューにしていらっしゃるお店も多いのですが、どんなものかと言うと、単純にコンロ又はご家庭ではホットプレート、もしくはフライパンでもOKなのですが、それらに昆布を敷いて、その上に魚介や野菜、肉などを載せて炙って食べるというお料理  お好みでお醤油、塩、また大根おろしをかけてぽん酢でサッパリとなど、お好みに応じて味付けもいろいろです。 

 当社で盛り上がったのは「昆布じめ」にした魚介を「昆布焼」で試食してみたことから・・・ 昆布じめにしてあることから魚介に昆布の旨みが染み込んでいるので、昆布焼にしても、なーんにも味付けしなくてもしっかり、それも程よく昆布の味が楽しめて「絶品」  それから話は飛躍しすぎて、今まで昆布じめになんかしたことなかった「牡蠣」「帆立」などを「昆布じめ」にして、それから「昆布焼」にして楽しんでいました。 究極の商品開発でした。

 そしてこの一月、その「昆布じめの昆布焼」となんともややこしい商品を、神戸をかわきりに、名古屋、横浜で販売することになりました! ! !  遠くてもお近くでも気になった皆さん、見にきてくださいね もちろん試食もやってますよ。

詳細は次の通り

■ 1月21日(水)~1月27日(火)  そごう神戸店本館9階「全国グルメフェスタ」のかねみつブースにて 

■ 2月  4日(水)~2月13日(金)  名鉄百貨店本店にて

■ 2月18日(水)~2月24日(火)  横浜高島屋「グルメのための味百選」のかねみつブースにて

販売商品は昆布焼セット「牡蠣」「ホタテ」 名鉄百貨店本店様においては、限定で「かに」も限定で販売いたします。       

みなさんのお越しをお待ちしておりまーす。

__ 3 (10).JPG

 

        

富山の春の風物イベント「全国ちんどんコンクール」

2013年04月06日

富山の春も日に日に深まり、来週にかけてが「桜」も満開、春の旬の食材「白えび」も解禁となり、目でも食でも春満喫の今日この頃です。

さて、富山の春といえば忘れていけない大きなイベントがあります。それは「全国ちんどんコンクール」その歴史は古く、コンクールの始まりは50数年前にさかのぼります。
昭和20年の富山大空襲により、市街地は壊滅状態となりました。

その後、廃墟からいち早く立ち上がり、市の復興がほぼ完成した昭和30年、富山市に明るさと平和感を与えようと、富山商工会議所や富山市の発案で「全国チンドン・コンクール」というユニークなイベントが誕生しました。

このイベントは、全国のプロのチンドンマンがその技と アイデアを競う全国唯一のコンクールとして話題を呼んでいます。全国に鳴り響く『チンドン』の音色。
人と人のふれあいの街角に、郷愁のメロディと笑いの渦が巻き起こります。

ちょうど桜の満開の時期に重なり、今年はより盛り上がることでしょう・・・

今では、なかなかお目にかかることの出来ない「ちんどんマン」、是非ご覧に富山にお越しください。

008.jpg

top