富山の昆布じめとは
富山名産の昆布じめ刺し身は、江戸時代に、北前船がはるばる北海道から運んだ良質な昆布と、天然のいけすと称される富山湾の新鮮な魚介がであい、独自の食文化から生まれた郷土料理です。鮮度のいい素材を刺し身におろし、それぞれの魚に最も相性のいい昆布でしめて熟成します。魚本来の旨みに上品でまろやかな昆布の旨みが染み、甘み・香りとも程よく調和した豊かな味わいを楽しめます。
無添加・手作業で丁寧に
昆布じめ刺し身は、もともと浜の漁師たちが、とれた魚を日持ちさせるために編み出した素朴なものでした。その先人の知恵を受け継ぐ、かねみつの昆布じめ刺し身は、無添加・海の幸だけの味わいにこだわって、今も手作業でひとつひとつ丁寧につくり上げ、さらに、現代の嗜好や食生活にもあった食品とするために試行錯誤を繰り返し、独自の味に仕上げております。

かねみつオンラインショップ
富山湾の恵みはじめとした新鮮な魚介を刺身におろし、
良質の真昆布でしめた昆布じめ刺し身。手作りでしか味わえない自然の味を。
昆布じめ味匠館
かねみつの昆布じめへの味のこだわり、製法から
昆布じめの意外なヒミツ、おいしい食べ方まで、ご紹介します。
かねみつ製造直売店
かねみつ製造工場に隣接する直売店では、常時30種類の昆布じめ刺し身を販売しています。
直売店のみ販売の限定商品もございます。お気軽にお立ち寄りください。
top